ネコポスが相場の価格より安い値段です

衿ぐりもU地型にカーブしていて、縫い付けるとき助かりました。どうしたらきれいに着付けることができるだろうかしらとネットを探していてこのお店にたどり着きました。着物のポイントは襟回り。

早速ご紹介♪

2017年02月06日 ランキング上位商品↑

ネコポス オリジナル【ネコポス対応可能】実用新案登録済みオリジナル『えもん抜き』

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

そのぶんの手間が前のよりかかったので!☆一つ減らしました。襦袢を着ないで着付けができる?固い頭にはなかなか理解できないのです。これから手持ちの長襦袢全てに付けるつもりです。他のえもん抜きと比べると丈がチョット長目なので!帯の中に埋れないので安心です。(トイレにたった際に下からえもん抜きのシッポを引いても緩みは殆どありません)横からのラインも自然にキレイにぬけていてとても良かったです。生地は二重になっていて、しっかりしています。スッキリと着付けたいのですが!いつもボテボテとしていて不満足でした。トイレのあとなど、お尻の後ろから引きやすいので、すぐ直せました。幅広のえもん抜きを探していました。薄く幅広なので襟元が安定してます。ただ、紐が細くて食い込んで痛いので幅のある紐に換えて使用しました。他の襦袢の衣紋抜きもこれに替えていく予定です。良い具合に衣紋が抜けて自然に固定できます。身頃を通さずにつけて下さいとあったので、そのようにしたのですが・・・以上の理由で☆4つにしました。。まず、長襦袢への取り付け方の説明がなかったので、半襟をほどいて付け直したのですが、きちんとした説明が欲しかったです。だからうそつき襟?などのネーミングにびっくり。で、いざ半襦袢に付けて着てみると何か違う…。長襦袢の仕立てを頼む時付けていただきました。まだ着付け初心者の娘にも勧めたい商品です。また!紐がついているので一度固定すれば!着付けの最中に何度も衿の心配をしなくていいので!早く着ることが出来ます。なので紐を切り離してもっと上の方へ縫うことにしました…。自分で仕立た長襦袢に付けました。リピ買いです。彼女の長襦袢にもえもん抜きは付いていましたが、後ろの布の細いもの。衣紋が綺麗に抜けて、動かない!いいですねー。踊りをしています。今!使っているものより幅が広いので!きっと使いやすいと思います。若いころに着付けを習ったのですが正統派。購入してから着物を着る時間が取れなく!昨日やっと襦袢に縫い付けて試せました。衣紋はまぁまぁきれいに抜けましたが!もっときれいに抜かせるコツが説明になかったです。えもんが抜きやすくて、安定するので、襟元がくずれにくいと思いました。教室が終わったら堂々と使いたいと思います。とても綺麗に衣紋が抜けるので気に入ったのですが!着付け教室の先生にはなぜか不評で!紐を切れだの!2つに折って使えだのと言われ!使えずにいるのでガックリきております。えもん抜きの種類で違いがあるものなんですねぇ。私の半襦袢の八ツ口に入れるには低すぎるんです。その後いろんなえもん抜きを使ってみましたが、どれもしっくり来なく、「やっぱりたかはしさんのえもん抜きがいい!」と思って数年ぶりに購入してみました。これは!衿全体を引っ張れるので!とんがった衿にならず!きれいに抜けます。(私の身長167cm)私の知っているえもん抜きの中で!一番幅広で長めです。これで注文は二回目なのですが懐紙などを挟んでも全然襟元が開きません。ど真ん中にたかはしさんのタグが付いてるのは別として、前のものと比べてみると、今のものは紐の位置が5センチほども下に付いていました。襟元の乱れは目立ちますし上手く直せないのでこれはお勧めです。固定したさらしの紐・その角度、色々えもん抜きはありますが、これは実際に着ることをよく考えたスゴイものだと思います。アイデアと使い勝手は良いものなので、規格は変えないで欲しかったです。お気に入りです。こちらに変えたらいい感じに抜けた様子。商品はとても良い物でした。ネットの説明だけでは理解しがたいのです。筒袖の半襦袢に付けて以前使ってみて、ものすごく便利なのは経験済みでした。茶道のお稽古でいつもは胸の辺りがだぶついてきたりしていたのが!この日は気なる事が殆どありませんでした。気仙沼のお店にお伺いして一から習うことができるのでしょうか。私が持っている長襦袢はどれもえもん抜きがついていないので!またリピートしたいと思っています。紐は身八つ口から内側に通し!そのまま中で結ぶのがお約束です。着物デビューをした友人の衣紋が抜けていないのが気になり、これをプレゼントしてみました。布巾が広く衣紋ががきれいに抜ける上、襦袢の内側で紐を結ぶ為着付けが不安な私でも衿がしっかり固定されます。マイサイズに合っていないな〜と思っていた長襦袢につけましたが、このえもん抜きとすずろべルトのおかげで、そんな襦袢でもしっかりと着付けることができました。